一人一人が経営者
「現場第一主義」に偽りなし
2020年入社
西日本事業部 天文館地蔵角交番前店 店長

須崎 梢子

入社して感じたことは何かありますか?

前職ではホテルの美容室で事務兼経理をしていたのですが、撤退を機に転職をしました。これまで接客業を中心にしていたので、同じく接客業で探していましたがなかなかピンとくるものが無く、応募に踏み切れるものが無かった時にふと目に留まったのが東京市場の求人でした。

買取専門店のイメージがあまりピンとこず、リサイクルショップみたいな感じかなと思いながら、ブランドとか好きだからちょっと興味あるかも…というところから応募に踏み切りました。 ブランドが好きというだけで何か知識があるわけでもなく、これまでの経験の何が活かせるのか不安で仕方なかったですが、面接の時点で長い先の事まで考えてくださっていることを感じ、これまで面接で聞かれたことがないような細かな事までやり取りがあり、少し戸惑いましたがあれよあれよという間に「明後日からおいでよ。」と言っていただき今に至ります。

接客と言っても販売と買取では似て非なるもので、戸惑いと焦りの日々でしたがしっかりとした研修も逐一あり、サポート体制も整っています。店舗で1人であったとしても常に誰かが見ていてくれているという安心感は大きく助けていただいた場面は数多くあります。

また、社長自身が社員と同じく常に店頭に立ち続けていることもあり、よくある机上の空論ばかりを押し付けてくる社長像とは正反対でした。 だからこそ社長を筆頭に社員みんなが同じ方向性、同じ志を持って突き進み続けられるのだと感じています。 東京市場は月日が経てば経つほど、入社して本当に良かったと思える会社です。

仕事をする上で大変なことや、やりがいを感じる部分についてお聞かせください。

仕事をするうえで私が一番初めに躓いたことは「買取」です。 決まった商品を決まった値段で買取するのではなく、お客様がいつ何をどんな状態で持ってこられるかは全く分かりません。予想もできません。そして、同じ商品は2つとしてありません。保管状態や使用年数、購入者、思い入れなど様々です。決して一律でいくらと決められるものはありません。「値決めは経営」 そこが難しさ大変さでもあり、仕事の楽しみでもあります。

東京市場では値決め一つであっても店長の裁量に委ねられています。 そして私の次のハードルは「自発的な情報収集」です。これまで私は店長経験もあったものの、言われたことを言われた通りにそつなくこなすことが一番大切だと思っていました。

しかし、それでは名ばかり店長です。この会社では全く真逆でした。自分自身から積極的に自発的に動けることが重要です。自分の思いや考えを表に出すこと、自発的に行動することは会社としてご法度と思い込んでいた私には、衝撃であり戸惑いでしたがその1歩を踏み出せるかどうかは、会社や店舗運営でチャンスを掴めるかどうかの大きな違いです。

そもそもの考え方、あり方から学びなおさないといけない分、スタート地点は大きく後退してしまいましたが、自身のやる気次第で日々勉強、日々成長できる会社はそう多くないと思います。

裁量が任されている分責任も多く、大変なことや困ることも多いですが、決して一人ではないので乗り越える楽しさややりがいは、他の会社では経験できないのではないかと感じています。

今後の目標を教えてください。

今後の目標として考えているのは事業部を任されるようになり新事業部を立ち上げていくことです。 まずは店長としての役目を理解し、会社に求められている人財になれるようスキルアップすることです。今後はエリアマネージャーとして、事業部責任者として任せたいと言ってもらえるよう着実に積み上げていきたいです。

会社の成長のスピード感はめまぐるしく、自身の成長スピードが追い付かないところもありますが、会社を、社長を信じてついていきたいと思わせてくれる会社ですので、少しでも期待を込めて採用していただいた限りは、つまづきっぱなしではいられません。

「現場第一主義」とうたっている会社は数多くありますが、それを本当の意味で身をもって実感できる会社は多くないと思います。東京市場は社長が社員と同じ現場に立ち、どうあるべきか、どこを目指すべきか体現してくれます。

だからこそ社員は社長を信じ、会社を信じ同じ方向性、志を持って進み続けられます。そんな会社の一員となれたことに誇りを持ち周りのスタッフから、会社から必要とされるよう、人としての成長をもっともっとしていきたいです。上昇志向で自発的に行動できる方は特に、活躍できる場面も多いと思います。