ゼロから始めたリユース業界。
リユースを通じて社会に貢献できる職場。
2021年入社
東日本事業部 ドン.キホーテ行田持田インター店 副店長

高橋 宗晴

応募のきっかけを教えてください。

前職では不動産賃貸の営業を行っていましたが、毎日夜遅くまで会社に残りノルマに追われ続けている生活に不安を感じていた為、転職を決意しました。転職活動を始めて求人を探していたところ東京市場の文字を見つけました。初めて聞く会社名を見つけて気になった為、実際にドン.キホーテ内の店舗の高崎店と行田持田インター店に足を運んで腕時計とポケットWi-Fiの査定をしてもらいました。

その時の印象が非常に良く、求人に応募することにしました。面接では緊張しっぱなしでしたが、無事に採用して頂き入社となりました。全く違う業種からの転職でしたので、商品知識が全くなく、最初は不安だらけでしたが、商品知識についてのマニュアルが充実しているのと、商品知識の豊富な先輩社員の方々のお陰で次々と知識を身に着ける事が出来ました。

また、取引先業者が開催しているブランド研修に行かせていただき、普段の生活の中では触れることのできない高価な商品などを実際に手に取って、真贋鑑定やブランドの歴史などを学ぶ機会もありました。研修費用も全て会社負担でしたが気兼ねせず研修に集中することが出来ました。このような環境があるため、別の業界からの転職でも不安も少なかったです。

仕事をする上で大変なことや、やりがいを感じる部分についてお聞かせください。

東京市場では基本的にはどのような商品でも査定を行っておりますので、幅広い商品知識や経験が重要となってきます。また、高価なブランド品などは偽物も多く出回っているため真贋鑑定の知識も必要です。私はこの業界自体が初めてだった為、ほとんどの品物が初見でした。しかも覚えたとしても次々と新作が発売されていきますので、覚える事が尽きません。

そういった品物に適切な査定金額をつけていかなくてはならないので、毎日が勉強だと感じています。そういった点は大変だなと感じました。やりがいを感じる部分というと、やはりお客様に喜んでもらえる職業という事でしょうか。お客様の中には私に会う為に来たと言って下さる方もおり、仕事を通してそういった方々に喜んで頂けることがとても嬉しく感じます。

また、お客様だけでなく社会にも貢献出来ていると感じています。国連サミットで採択されたSDGsの達成や地域社会の発展のためには東京市場で行っている業務はなくてはならないものだと考えているため、充実した気持ちで日々の業務に前向きに取り組むことが出来ています。

入社を検討されているみなさんへメッセージをお願いします。

東京市場は一般的な買取店とは異なり、様々な商品を取り扱っております。そのため、覚える事は多いですが、沢山の品物に触れる事が出来るといった楽しみもあります。私の場合はホビー関係の商品が非常に好きなので、フィギュアやアニメなどについてお客様とお話をするのが大好きです。もちろん、普段自分のお小遣いでは中々買えないようなブランド品や貴金属類も沢山手に取り学べます。

仕事をしながら好きなものや初めて見るものに触れたいという方にはお勧めできる職場です。また、近い将来独立をしたいという思い等を持っている方にもお勧めしたいです。東京市場では入社後、他社に比べ比較的早くにお店を任され店長としての業務を行っていきます。その為、仕事を通して店舗経営についての知識や経験を得る事も出来ますし、会社全体の数字を把握して戦略を練る事で会社経営に必要な数字に関する知識も身に着ける事ができ、今後の人生にも非常に役立つと考えています。

私は社会人としても人間性もまだまだ未熟で、経験もゼロからのスタートでしたが知識が豊富なベテラン先輩社員の方々や学べる環境が全て揃っているため安心して働けています。初めてのリユース業界だとしても安心して下さい。1日でも早く皆様と一緒に働ける日々をを楽しみにしております。