未経験の世界への転職
「知る」ことの楽しさ
2024年入社
西日本事業部
サンキュー新栄店 副店長

南竹 なつ

応募のきっかけを教えてください。


私は前職で、テレビ局の制作やイベントを支える会社で働いていました。名前も知られているし、業界で働きたい人にとって、ある意味憧れと思えるかもしれません。私は主に音楽フェスやコンサート、お祭りなどのイベントで照明の担当をしていました。

制作やイベントの裏方の仕事はやりがいもありますが、とても過酷な仕事でもあります。
仕事に慣れてくると毎日いろいろなことを考えてしまいます。
裏方職のためお客様の喜ぶ姿を見ることができず、ひたすら「縁の下の力持ち」という存在です。

そのような生活の中で、直接お客様と接する仕事がしたいと思い始めていました。
しかし、仕事をしながらの転職活動はなかなか上手く行きません。
そんな時に地元鹿児島でマイナビ転職フェアが開催されることを知りました。

たくさんの出展企業がありましたが、「女性が多く活躍している会社」というコピーにビビッときて、色々調べていくとなんと素晴らしい会社でしょう。本来なら現地で履歴書作成、写真撮影もできるのですが、思わずイベント開催前に応募してしまったほど。

その会社が、私が現在働いている「買取専門東京市場」を運営する会社という訳です。

イベント開催の日、私の心は一択、もうねブース直行ですよ。
素敵な女性の社員さんにお出迎えされて、改めて仕事内容や働き方や給与面などを聞く中で驚いたことが、諸先輩方の前職がリユース業とは関係ない未経験の方が多いという事でした。

先輩方が自分たちの経験をもとに研修体制が組まれ、サポートがしっかりしていることを聞き、とても安心し不安が吹き飛びました。また、頑張れば頑張った分給与が上がっていくという事も魅力の1つでした。

話しを聞き終えた私はもう胸がいっぱいでした。
「ここで働けたらいいなと思いながら帰宅したところ」その日のうちに電話があり、採用が決まりました。
今まで経験のない衝撃で、「こんなとんとん拍子にことが運んでよいものか?」と逆に不安も同時に襲ってきたほどです。

しかし、webの採用ページの内容、ブースでの社員さんのお話、噓偽りない会社でスピード感のある会社だとも思いました。
そして晴れて入社することになるのですが・・・。

仕事をする上で大変なことや、やりがいを感じる部分についてお聞かせください。


労働環境は前職と比較すると天国です(笑)
しかし、覚えることの量が多いことが一番に上がりますね。
決められたことだけをやるだけでなく、考えながら自分自身で決断していかないといけないシーンが出てきます。

接客以外に買取した商品の整理、パソコンでの事務処理など仕事は多岐にわたります。
1つ1つマンツーマンで教えていただきましたが、今まで関わってこなかった会計の用語などは言葉の意味を検索するところから始まりました。

また私はブランド品も疎くブランド名が横文字で読めません。
先輩たちも全く同じ道を歩んでこられたと思うと学習が必要で毎日必死です。

次に私が大変だと思ったことは、まず漢字が出てこない(笑)
そしてなんといっても買取店の肝である金額提示です。
自分が逆の立場でも「なるほど」と思いますが、お客様を不安にさせることが不成約の最大の理由です。
計算書に書く漢字ももう一度学習です。

そして「いったいいくらで金額を提示すれば良い」のか?
もちろん査定金額の目安はあります。しかし中古品は1点1点コンディションが違うため、同じものでも金額は変わります。

また、それをお客様にきちんと説明しなければなりません。

育成担当者のエリアマネージャーもとても信じられませんが、挫けそうになったことがあるそうです。
会議で代表は「何も知らないということが一番強い」とおっしゃいます。
そう、わからなければ、自分が納得するまで質問すればよいのです。

東京市場ではロールプレイングを行い何度も接客の仕方から言葉使いまで練習します。
そして実際の接客でもわからなければすぐ訊ける体制が整っています。
最初の不安は日々払拭されつつあります。

もちろん1円でも高い方がお客様にとって良いことであるのは間違いないことです。
しかし、弊社のwebページにも書いてある通り、お客様が求めているのは、「店舗や働くスタッフの温かみ」とも考えられるようになりました。自分が苦労して覚えてきたこと、お客様の気持ちに寄り添えた時、そしてご成約できた時、またご来店していただいた時、心から喜びを感じることができます。

すべてにおいて無知だったため1からのスタートだった私。
ブランドの名称や製品の名前、型番、ああそして漢字ですね・・・と少しずつ経験していくごとにわかっていくのが今はとても楽しいです。

入社を検討されているみなさんへメッセージをお願いします。


勢いで、つんのめりで入社したエピソードは上記に記した通りですが、不安に思うことはたくさんあると思います。私自身も「3か月から半年で店長になる」と言われたときは「そんな役職をもらえるようになるのか」「私にできるのか」たくさんの不安がありましが実際にその通りになりました。

育成担当者の下で4月1日に店舗責任者としての辞令をいただきました。

東京市場では研修や教育マニュアルが充実しておりサポート体制が充実しています。安心して未経験の方でも働くことができます。

そしてとても仲間意識の強い会社だと思います。
遠く離れている店舗同士なのに近くに感じます。1人でお店にいても心細いことはあまりありません。
困っているときはすぐに助け舟を出していただいたり、質問できたり社員同士で縦のつながりも横のつながりもあります。

私は22歳でこの業界に入りました。わからないことだらけでしたが、コミュニケーションを取りやすい環境、暖かい先輩方の支えで安心して働くことができています。

東京市場では、トップである社長も普通に社員と同じ目線で仕事をしています。
そして会社の中で一番働いてしかも結果を出しています。
ほとんどのお客様が社長と知らないそうですから驚きです。

年齢層の幅が広く、多くの職歴をもっている社員が多い当社。
先輩方の話は、勉強になると同時に楽しいし、このメッセージを読んで私と同じように感じてくれたらうれしいです。

小さな勇気が大きな一歩
ご一緒に働ける日を楽しみにしています。